自動車の流通には、査定重要に絡んでいます

私たちの生活に、自動車は無くてはならないものになっていています。
ほとんどの家庭に自動車がある現代、自動車の流通にも新しい流れも出てきています。

メイカー系新車ディーラー販売店、中古車店、外車ディラー販売店、自動車買い取り店、自動車オートオークション、解体業者、個人売買などで、たくさんの新車、中古車、事故車、使用済み自動車などが、グルグルとめまぐるしく流通しています。

このような自動車流通の流れの中には、、流通する自動車の今現在の価値を自動車査定によって算出することがほとんどとなっています。
自動車の査定と言いますと、一般財団法人日本自動車査定協会の査定を行っている所が大半を占めているのではないでしょうか。

日本自動車査定協会の、中古自動車査定技能試験を合格した査定士によって査定が行われています。
この査定士は、ほとんどの自動車販売店に何人かいて、特に販売の営業部員ならほとんど査定員の資格を持っています。

最近、自動車オートオークシャンなどの成約価格などを参考に独自に査定価格を算出している中古車販売業者や、現金買取業者が増えているのも事実です。
このように、査定によって査定価格が決まって次の段階に流通が進むのです。
こちらのサイトに各車種の査定額も掲載されていますので、査定額がきになる方はチェック!
>>オデッセイ 買取
>>ヴォクシー 買取

このようにして、自動車が中古車として再販の市場の中古車販売店の店頭に並んでいるのです。
また、事故車なども使わなくなった自動車も査定され、下取りや買い取りされていることもあります。
このように、自動車流通の選択肢が増えてくると、自分の愛車を交換しようとした時にも、下取りにだした方がいいのか、買い取り業者さんに持って行った方がいいのか迷ってしまいます。

しかし、それを有効に使えば大切に使用した愛車が、高価に評価される事になる訳ですから、ひと手間かけるのも有りな事なのです。

コメントをどうぞ